澳门新葡亰平台官网,澳门新葡8455最新网站

 
 
 
 
     日本語学院
 

 

  http://japanese.tjfsu.edu.cn/

  日本語学院は国家にハイレベルの日本語専門人材を育成する任務を担っている。現在、国際商務学科、翻訳·通訳学科、言語学问学科という3学科を設けており、修士大学院生が80人余り、学部生1260人余りである。  

  天津外国語大学日本語学科は教育部第一類特色のある専門建設機関であり、天津市重点学科、天津市最初の日本語修士大学院生育成機関(1986年) 、基礎日本語教学団体は天津市優秀教学団体である。北京大学、上海外国語大学、吉林大学に続き、2007年に全国日本語教学研究会会長機関に選ばれ、国内外における日本語教学研究のセンターの一つとなった。全国300余大学の日本語学部のなかで、在籍学生数が第2位を占め、国内屈指の総合的な実力を持っている。

   21世紀のニーズに応じ、現代的な特徴と創造精神豊かなハイレベルの人材を育成するため、本学院のカリキュラムは「低学年では外国語の実践能力を身につけ、高学年では学问知識、専門素質の育成に重点を置く」という原則に基づき、すべての学生に4年間の勉強を通して、聴く?話す?読む?書く?訳すという専門技能を全面的にマスターさせている。日本語コースには、主「基礎日本語」、「高級日本語」、「日本語閲読」、「日本語視聴説」、「日本語作文」、「日本語概論」、「翻訳理論と実践」、「通訳理論と実践」、「日本概況」、「日本学问」、「日本文学」、「国際商務日本語」、「対外貿易業務日本語」などの科目がある。日本語専門コース以外にも、学生は「公共英語」、「高等数学」、「マーケティング論」、「貨幣銀行論」、「統計学」、「監査学」、「会計原理」、「渉外経済法」、「コンピュータ応用」などを履修する。科学的で合理的なカリキュラムによって、卒業生はよりよく社会的ニーズを満たし、人材市場における競争力を強めている。一部の優秀な卒業生は、すでに国家あるいは地方渉外部門の中核となっている。



 

 

 

Copyright:天津外国語大学 Information Network Center

Address: No.117,MaChang Road,HeXi District,TianJin,China

 

 

 

XML 地图 | Sitemap 地图